新撰組の戦法はランチェスター第二の法則

新撰組の沖田総司、永倉新八、斎藤一といった名だたる剣豪は1対1で戦いましたが、多摩ではなく京都で募集した隊士の剣の腕は長州藩などの浪士と変わりません。そこでとったのが3対1で戦うこと。
これは武器性能が同じなら、攻撃慮は兵力数の二乗になるというランチャスター第二の法則と全く同じ。もともとは赤穂浪士が討ち入りで使った戦法です。ということで最新ガイド記事をアップしました。
▼→ 新撰組の戦法はランチェスター第二の法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です