敏満寺城

多賀大社から少し行ったところに敏満寺城があります。彦根へ行った目的地はこちらで、多賀大社はついでに参拝してきました。

敏満寺城
敏満寺城

敏満寺という名前がついているので、もともとは寺ですが戦国時代の寺は、ほぼ城塞です。信長が10年もの間、石山本願寺を攻めましたが、それでも落とせなかったのは石山本願寺が強固な城塞だったからです。敏満寺城は天台宗寺院が城塞化したもので僧兵を揃え、室町時代には守護佐々木氏や京極氏と度々対立していました。

1562年(永禄5年)、浅井長政が六角氏側に寝返った久徳氏を攻めた時に久徳氏に味方していた敏満寺城を攻撃し、かなりの坊舎が焼失しました。1572年(元亀3年)頃には信長包囲網に加わっていたために、残りの坊舎も焼かれ寺領も取り上げられてしまいます。この後は衰微したようです。彦根城を造る時に礎石などは運びさられました。

やがて名神が通り、多賀サービスエリアが造られることになって発掘調査の結果、土塁、空堀などの山城跡が出てきました。一部が保存されていて郭跡などが見晴らしスペースになっています。ドッグランがあるところも郭跡で周りを土塁と櫓台が取り囲んでいました。多賀サービスエリアは徒歩なら外からも入れるようになって城跡が見学できます。もっとも犬を遊ばせている人はいましたが土塁に登っているような人は皆無でした。

多賀大社

城巡りのついでに多賀大社へ。拝殿前にはずらっと参拝客が並んでいたので、ショートカットして脇から参拝してきました。

多賀大社
多賀大社

多賀大社の祭神は伊邪那岐命と伊邪那美命で、日本創成の神様です。天照大神の親にあたりますから「お伊勢参らばお多賀へ参れ。お伊勢お多賀の子でござる」と歌われました。近江国の一宮は建部大社で、二宮・日吉神社と続き、多賀大社は三宮になります。 

このあたりは犬上御田鍬(いぬかみのみたすき)で有名な犬上氏の土地です。犬上御田鍬は推古天皇の時代、最後の遣隋使で最初の遣唐使になった人物として日本史で習いましたね。もともと多賀大社はこの犬上氏の氏神を祭っていたという説もあります。

富雄丸山古墳

富雄丸山古墳へ。

富雄丸山古墳
富雄丸山古墳

前例がない鼉龍(だりゅう)文盾形銅鏡と蛇行剣が出土した発掘現場が本日まで一般公開されています。富雄丸山古墳は全国で最大規模の円墳でホタテ貝のような造り出し部分から見つかりました。ちょうど近くへ行く用事があったので、のぞいてきました。まあ皆さん考えることは同じで、長い行列が待っていました(笑)。

1時間ほど列に並んで古墳の下へ、ここから20人程度を1組にして昨日の雨でぬかるんだ丘を登っていきます。けっこうな急坂で2人ほど見事にすべっていました。山城登りと同じですなあ。

被葬者は分かっていませんが富雄のトミは登美、鳥見という神武天皇以来の地名の地ですから、有力者でしょうね。

興隆寺町 八坂神社

椿尾上城へ行く途中に八坂神社があったので寄ってきました。八坂神社は尾根上にあり神社の両横が崖になっていて、まるで切岸のよう。山城として活用できそうな場所です。

八坂神社
八坂神社

八坂神社は興隆寺町にあります。ただ興隆寺町という名前ながら肝心の興隆寺が見当たりません。Googleマップにも出てこないので、こういう時は法人番号検索です。興隆寺町で検索すると4件ヒットして、八坂神社もありましたが、探している興隆寺がありませんでした。

近くにある興隆寺城について調べると中心部は藪だらけで踏破できないとあり、断念したんですが城へ登る途中に廃寺跡があるそうです。これが興隆寺だったんでしょう。

柿本寺跡

和爾下神社の階段を降りたところに礎石の一部があり、柿本寺(しほんじ)跡の碑がありました。和爾氏の一族が柿本人麻呂で有名な柿本氏で、ここらへんが本貫となります。柿本寺は柿本氏の氏寺になります。また神仏習合でしたので柿本寺は和爾下神社の神宮寺となります。

柿本寺跡
柿本寺跡

ここは戦場にもなったようで建武4(1337)年に北朝側が和爾下神社、柿本寺に陣取って南朝軍と戦った記録が残っています。和爾下神社は山城のような様相ですから、陣を構えるには最適だったのでしょう。

柿本寺には柿本人麻呂が葬られたと伝わり、人麿信仰が盛んになるにつれ歌塚として有名となります。梅原猛の「水底の歌」では、鴨島沖で柿本人麻呂は刑死していて、いずれにしても石見国(島根県)が終焉の地なのに、なんでここに葬られたことになっているんですかねえ。

Googleマップで集客しよう

大東商工会議所でGoogleマップのセミナーをしてきました。

事前にインボイスセミナーとセットなので持ち時間は30分ですと聞いていたので、2本立てかなと思って行ってみたら環境衛生部会が主催のセミナーで3本立てでした。

第一部は「健康寿命を延ばそう」と腰痛・膝痛予防のお話です。第二部が私で「Googleマップで集客してみよう!」、第三部が門真税務署による「インボイス制度セミナー」と内容はバラバラ(笑)。しかも第一部が10分ほどおしてしまいましたので、結局、25分に端折ってセミナーをしてきました。第一部が腰痛の話と知っていたなら最初から聞いたのに。

和爾下神社

JR櫟本駅を東に行くと和爾下神社があります。階段をずっと登っていく高台にある神社ですが、実は前方後円墳の上に建っています。周りが森になっているので眺めは全然、ゆありません。

和爾下神社
和爾下神社

古代、このあたりを地盤としたのが和爾氏。和爾氏は大和朝廷の外征を担当したようです。隣が天理で物部氏の地盤でしたので、何らかの関係があったのでしょう。また各天皇の后妃に和爾氏が出しており、葛城氏と同様に有力な豪族でした。蘇我氏が台頭してくるとすたれていきます。

仁徳天皇の頃に大宅氏、布留氏、春日氏、柿本氏、小野氏、粟田氏、櫟井氏に分かれていきます。部曲 (かきべ)という私有地が全国にありましたが近江にもあり、湖西線の和爾駅、小野駅という形で名前が残っています。

椿尾山城

皆さん、よくご存じのように筒井家の本拠は近鉄・筒井駅近くにある筒井城でした。平城でしたが周りが湿地でしたので備中高松城のように攻めにくい城です。戦国時代、何かあった時のために詰城を築くことがBCP(事業継続計画)の基本でした。例えば武田氏は躑躅ヶ崎館を平時に使い、なにかあれば詰城の要害山城に立て籠ります。ちなみに武田信玄は戦のさなか、要害山城で誕生しています。

椿尾上城
椿尾上城

筒井氏の詰城は筒井城からまっすぐ東に行った椿尾上城です。作ったのは筒井順慶のお父さんである筒井順昭。永禄2年(1559年)に松永久秀が大和を攻めてきた時に筒井城が陥落したことから椿尾上城を中心に松永久秀と対抗します。信貴山城の戦いで松永久秀が滅び、筒井順慶の時代になると織田信長の破城令に従い、大和国では筒井城を破却して大和郡山城の一城とし、また大和守護職にも任ぜられます。

■椿尾上城
椿尾上城ですが複雑な構造になっています。主郭には空堀にある土橋を通って登りますが、五社大明神が祀られています。後ろの土塁を登ると、ここが標高528.7mの城山頂上になります。畝状竪堀群や櫓台跡、鈎状に屈折した横堀など見どころがたくさん。ところどころに石積みが残っています。

どうする家康

大河ドラマ「どうする家康」が始まっていますが、なかなか面白いですね。時代考証が小和田哲男さんということもあり山城シーンは、けっこうリアルです。

大高城
大高城

家康が丸根砦を落としながら大高城へ兵糧を入れるシーンが出てきましたが、実際の丸根砦は東西36メートル、南北28メートルの単郭になっています。ドラマのように砦の間を進んでいくわけではないですが、砦を攻撃しながら、砦直下の街道を兵糧入れしました。大高城は岡城になっていて、信長と相対するシーンが出てきましたが、高さもバッチリです。ちなみに写真は大高城の郭から見た丸根砦です。ドラマで信長がいた所は今、住宅地になっています。当時、大高城のすぐ横は海になっていて、けっこう史実にリアルです。

■見どころは三方ヶ原の戦いでの選択
家康は寅年生まれだと、自分自身でも宣伝していますが実は卯年生まれという資料も残っていて、また岡崎に入ったものの大樹寺で襲われて自害しようとしたシーンなど、今までの家康のドラマでは、なかなか出てこないシーンも出てきます。

家康、最大の危機は三方ヶ原の戦いで最新の学説では三方ヶ原に向かった武田信玄が方向を変え堀江城の攻略に進んだようです。堀江城は浜名湖の水運を支配する拠点で、ここを抑えると物流がとめられ浜松城は息の根を止められます。浜松城に籠城しても出撃しても、どちらも悪手ですが、このシーンがどう描かれるかですね。

大和瓦城

近鉄・五位堂駅近くにあるのが瓦城。土山古墳の隣にあります。東側は住宅地開発で破壊されていましたが西側が残っていました。

瓦城
瓦城

住宅地に二重堀切や土橋などが見事に残っています。瓦城は近年、発見された城で、城がありそうなことは分かっていましたが土山古墳の発掘調査とともに地形測量によって単郭型の城郭として確認されました。北西300mほどのところに鈴山城があるので関係しているのでしょうね。

このあたりは興福寺の平田荘があったところで高田氏・布施市・万歳氏・岡氏など八荘官が分割支配していました。五位堂駅あたりは万歳氏の支配地でした。拠点となる万歳平城もすぐ近くにあります。延徳二(1490)年に、岡氏と万歳氏の間に用水を巡る紛争が起きます。岡氏は高田氏・箸尾氏・越智氏などに力を貸してもらって万歳氏に圧勝しています。岡氏とせめぎあう地でしたので、万歳氏側ではなく岡氏の城かも分かりません。