ねぎ坊主へ

ねぎ坊主
ねぎ坊主

大阪中小企業診断士会の総務部会が珍しく20時頃に終了し、堺筋本町駅近くにある”ぢどり亭”へ。 

メンバーの一人が”ぢどり亭”のチキン南蛮に並々ならぬ愛を注いでいるため、総務部会の打ち上げは”ぢどり亭”と決まっています。ところがお店が一杯だったため、近くの”ねぎ坊主”へ。こっちは珍しく誰もいてません。貸し切り状態でした。 

「よかった~、このまま坊主になるとこだった」という定員さんの言葉。月、火は忙しくて大変だったそうですが、水曜は全然、客が入らずオケラ状態だったそうです。天神祭りの影響ですかねえ。 

どれぐらいの来客があるか分からないのでバイトを減らすわけにもいかず客商売は難しいですね。

火曜日交流会

大阪府中小企業診断協会には火曜、水曜、木曜の会員交流会がありますが、今年度は火曜日の交流会に参加していますと言いながら第二回目から参加です。 

火曜日の交流会メンバーは15名ほどで、毎回2名が話題提供(発表)で、終わってからは懇親会です。今までの交流会は18:30スタートが多かったので、さっそく18:30に診断協会のフリースペースに行くと一人しかいない。 

前回の交流会で18:30には集まりにくいという話となり19時スタートになったそうです。というわけで二人の発表が20:30に終わり懇親会へ。場所は毎度おなじみの食べ放題・飲み放題3000円の香でした(笑)。

黒門市場で惜別の宴

寿恵廣
寿恵廣

ファイティング・コンサルタンツ、メンバーの一人が都落ちすることとなり惜別の宴です。赴任先は東人が住む太田道灌の地、つまり坂東です。

唐人や韓人が多く集う黒門市場の寿恵廣で惜別の宴が開催されました。”いっそうのこと宮仕えを辞めて独立しろ”という建設的な意見にも耳をかさず転勤していくこととになりました。

時に、初夏の令月にして、気淑く風和ぐ...。令和の元となった大伴旅人の大宰府での宴では寂しい歌がいくつか上がっていますが、それもそのはず、宴の前年に起きたのが長屋王の変です。藤原四兄弟には権力を握っていた長屋王排斥の動きがあり、長屋王側であった大伴旅人を大宰帥として遠くに追いやるための人事だったと言われています。さて、今回の転勤人事には何が隠れているのでしょうか。

船場総研 総会

浜屋敷
浜屋敷

今は昔、Nifty-Serveというパソコン通信にFlic(資格フォーラム)があり、この中に中小企業診断士の会議室がありました。オンラインでのやり取りだけではなくリアルでも勉強しようと全国各地にできた勉強会の一つが船場勉強会。大阪を中心とした受験生が集まりGive&Takeの精神で切磋琢磨して勉強しておりました。このOB組織が船場総研で20年以上の歴史があります。

昨日は吹田の浜屋敷(昔の庄屋さんのお家)の和室で総会を開催。近況報告&今年度の活動を決めておりました。ちょっと分かりにくいところなので、1時間迷ってたどりつけない人も発生。総会はとどこおりなく終わり、吹田駅近くの大和大学横の居酒屋で懇親会。飲食コンサルをやっている診断士もおり、店のダメ出しをしていました(笑)。まあアルバイトの対応はいまいちでしたね。

独立希望者の会

大阪府中小企業診断協会には”独立希望者の会”というのがあります。

数年前、診断協会で独立した先達に学ぶ独立セミナーを立て続けに企画した御仁がいて、ちゃっかり独立ノウハウを吸収してから独立しておりました。うまいやり方ということで今では業種別交流会の一つとして”独立希望者の会”が発足し、在職中の準備・診断士スキル向上・人脈の作り方など、独立に向けて考え、かつ学ぶ機会を提供しています。

私の話なんか、ちょっと特殊なんで、なんの参考にもならないと思ったのですが、せっかく呼ばれたので昨夜は「独立するなら個人、法人どっちがいい」というタイトルでお話をしてきました。セミナー後は近くのブルーキッチンに移動して宴会。ハイボールが安いため幹事の無言の圧力でハイボールばかり飲んでました。

大阪中小企業診断士会・総会

大阪中小企業診断士会
大阪中小企業診断士会

梅田・茶屋町にあるホテル阪急インターナショナルというとってもゴージャスなホテルで大阪中小企業診断士会&大阪府中小企業診断協会の総会&懇親会。 

大阪中小企業診断士会(独立診断士の会)が230名ほど大阪府中小企業診断協会が1050名ほどの大所帯です。ただ平日午後の開催なので総会には90名ほどの参加で懇親会には仕事が終わってから駆け付ける会員もおり120名ほどになっていました。 

今日の大阪も暑く、一応総会なんでスーツ着用です。受付の手伝いもあるので13時には会場に到着していましたが、基本的に休みなのでランチを食べながら、別にビールぐらいいいじゃないかと思いましたが、そこは我慢。18:30からの懇親会までひたすら我慢しておりました(笑)。

ファイティング・コンサルタンツ研究会

中百舌鳥
中百舌鳥

10連休というのに旅行に行くわけでもなく特に用がない連中が深井に集まりファイティングコンサルタンツ研究会を開催。中小企業診断士の集まりです。 

14時に集まり研究会という名前の座談会を2時間ほどこなしたところで、花岡代表の「飲みに行こか」という一言で中百舌鳥駅へ移動。駅前の立ち飲み屋でまず宴会。ええかげん飲んだところで、そのまま居酒屋・じょうもんへ移動して宴会。結局、3時間ほど飲んで研究会よりも宴会の方が長いという、いつもの研究会でした。

大阪中小企業診断士会 事業説明会

大阪中小企業診断士会
大阪中小企業診断士会

堺筋本町にあるTKPを会場に大阪中小企業診断士会の事業説明会を開催。 

大阪府中小企業診断協会の会員は約1000名ですが、そのなかの独立診断士200名で組織しているのが大阪中小企業診断士会です。士会では、いろいろな事業を行っているので年に1回、説明会を開催しています。本日は会員の約半分ほどが参加。 

事業説明会の後は懇親会。皆さん独立しながらやっており、仕事はけっこう知り合いから入ってくることが多いので、ネットワークを築く貴重な機会です。とは言いながらしっかり食べて飲んでました(笑)。 

締めは大阪締めです。大阪締めは三本締めのような江戸伝来ではなく、古式ゆかしき手締めです。天神祭りでは船渡御で船がすれ違う時などに必ず大阪締めを行います。 

大阪締めとは「打ちましょ」でチョンチョンと2回手を打って、「もひとつせ~」でもう一度チョンチョン、 最後に「祝うて三度」でチョチョンがチョンと打って締めます。大阪商工会議所の新年互例会などでも大阪締めで締めるなど大阪のスタンダードなんですが、近年は知らない若者もいて三本締めになりがちですねえ、困ったものです。