二上山城(雌岳)

二上山の雄岳から馬ノ瀬に降りて、今度は雌岳に登ります。雌岳も山城跡で頂上の郭をとりまくように郭が配置されています。雌岳は周りの木が切りはらわれているので河内国、大和国ともよく見えます。二上山城は大和と河内の国境にある絶妙な位置にあり、昔から要の城になっていました。

二上山(雌岳)
二上山(雌岳)

二上山城を築いたのは楠木正成で河内国七城の一つであると考えられていますが裏付けはありません。確実なのは河内守護だった畠山氏が古市の高屋城の支城として二上山城を整備していました。室町時代にいろいろと改修され、合戦の舞台となりました。現在の城郭になったのは木沢長政の時代のようで木沢長政は河内、山城南部の守護代で主家を上回る下剋上を成し遂げた人物です。三好長慶に敗れて討死しますが、死ななければ信長や松永久秀のように著名な戦国武将となったでしょう。

倉治城

Googleマップはどんどん優秀になっていて山城の本などに出てこないマイナーな城まででてきます。甲賀へ行った時にGoogleマップで見つけたのが倉治城というお城。

倉治城
倉治城

実際に行ってみたら高台になっていて確かに城を造るには敵地です。跡地は農地や住宅が建っていましたが、低い土塁が残っていました。東側は高台ですが西側がなだらかに丘が続いているので、こちらには堀切かなにかを設けてのでしょう。倉治と呼ばれる集落で、ここは甲賀53家の一つである倉治氏が支配していました。

第9代将軍・足利義尚が近江守護・六角高頼を攻めた鈎の陣では倉治氏は六角氏側で武功をあげたようです。鈎の陣は甲賀忍者がはじめて登場したと言われる戦いでした。

望月支城

望月城を降りて次は望月支城を目指します。支城となっていますが、同じ望月氏の独立した城で、何かあった時は望月城と連携していたのでしょう。望月支城へは谷を越えて高台に登っていきます。

望月支城・入口
望月支城・入口

事前にネットで調べると土塁を直登したなどの記載があり、こりゃ城までの道はないなと覚悟しましたが、道路から藪に入ると土塁の外側にスロープ上の道がありラッキー。なんなく城に入れました。望月支城は虎口が一つの典型的な方形プランです。織田信長が足利義昭を奉じて上洛した時に敗れた六角氏は甲賀に逃げましたが、六角氏は望月氏と連絡をとっていたため、一時期、望月城か望月支城に留まっていたようです。

望月城

甲賀の杉谷にある望月城へ

望月城
望月城

新宮城、寺前城,村雨城などは甲賀郡中惣遺跡群として国指定史跡となっているため看板が設置され分かりやすいのですが、望月城はふつうの山城と同じで何の目印もありません。大体、城があるあたりにあたりをつけ、集落を抜けると細い山道がありました。この山道を登ると神社の祠があり、山道は神社への道でした。この神社がちょうど郭の一つになります。

さらに奥に向かうと土橋があり、虎口を入って望月城の主郭にはいれます。甲賀の典型的な方形の郭で、ぐるりと土塁が巡っています。高さは7mぐらいですね。北東隅の土塁は少し広いので櫓台があったようです。

寺前城

大谷池
大谷池

村雨城から谷に降りて進み、土塁を登ると寺前城があります。村雨城と寺前城は2つの城が連結したタイプで新宮城・新宮支城と同じです。別の説では一つの城で村雨城が主、寺前城が従で運用していたのではないかとも言われています。

寺前城の前面には大谷池が拡がっていますが、近世に用水池として整備されたもので城が造られた頃は谷だったのでしょう。大谷池側の方は遺構が改変されているので、よく分かりませんが反対側などは虎口に行くまでに喰い違いになっていたり、かなり複雑で技巧的で、楽しめます。

村雨城

村雨城
村雨城

国の史跡になっている甲賀郡中惣遺跡群の村雨城です。丘陵の北端に築かれ、城の入口には忍者がひっついた大きな看板もあり、中も整備されています。ただ文献等には登場せず、城主や歴史など不明です。5つほどの郭で構成され大きな郭が2つあり、主郭のまわりは土塁で囲まれていました。土塁に登ると深い堀切を見ることもできます。虎口は平虎口になっています。織田信長の上洛時に敗れた六角氏が甲賀杉谷へ逃げましたので、その時にも改修されたのでしょう。

昔のファミコンゲームに「謎の村雨城」があり、ゲームは村雨城を乗っ取った敵を倒すため、幕府が送り込んだ青年剣士を操作するゲームでした。一部マニアには、ここが舞台ではないかと言われています(笑)。知らんけど。

新宮支城

新宮支城
新宮支城

新宮城のすぐ隣にあるのが新宮支城。間に谷があるため直接はいけないので新宮城から降りて、もう一回丘を登らないとたどりつけません。新宮支城は単郭ですが高さ10mほどの土塁に囲まれています。虎口は小さく、大手道から一回曲がらせて虎口に入るようになっていました。虎口の近くには堀切もあり、また大手道に沿って別の土塁が続いています。

高さ10mほどある土塁が圧巻です。ただ郭の構造が単純なので新宮城と同時に造られた後に、特に改修は行われなかったようです。新宮城と同様に甲賀郡中惣遺跡群のひとつとして国の史跡になっています。こちらも、新宮城と同様に、よく整備されていました。

新宮城

甲賀にある新宮城です。新宮城は、きちんと整備されていて山城には珍しく看板まであります。6つの郭から構成されていて、郭の途中に枡形虎口になっている入口があり、かなり技巧的です。たぶん最初は主郭しかなかったのが、必要にせまられて副郭を連ねていったのでしょう。主郭の裏側には堀と土橋がありました。

新宮城
新宮城

甲賀は伊賀と同様に中心になるような領主はおらず、一族が同名中惣を構成して、それぞれ城をもっていました。ポリスの連合国家のようなものですね。近江守護であった六角氏が足利将軍から攻められた時に甲賀は六角氏につき、織田信長の上洛時も六角氏に味方しましたので軍事的緊張が高まり、新宮城を改修していったのでしょう。

丸岡城・丸岡東城

JR甲西駅の西にある丘にあるのが丸岡城と丸岡東城。道を挟んで2つの城があります。城の近くにあった看板によると青木藤兵衛尉が戦功によって源頼朝からこの地の地頭に任じられ城を造ったとあります。

丸岡城

青木氏は甲賀五十三家の一つになり六角氏の家来でしたが六角氏が信長に追いやられると、信長に臣従。秀吉が天下をとると夏見城と同様に領地を没収され配乗になった模様です。本城が丸岡城で出城が丸岡東城になります。分厚い土塁に囲まれ堀が二重になっていたり、けっこう技巧的です。二重土塁を行き来できる土橋も明瞭に残っていました。

夏見城

湖南市三雲小学校近くにあるのが夏見城。ここは夏見氏の居城で、甲賀五十三家の一つです。長享・延徳の乱があり、長享元年(1487年)と延徳3年(1491年)の2回、室町幕府が近江守護・六角高頼討伐の軍勢を起こします。将軍・足利義尚が自らが出陣し、今の栗東市にある鈎(まがり)に陣をおいたので「鈎の陣」とも呼ばれています。

夏見城
夏見城

この時に六角氏側で戦ったのが夏見氏。戦功によって夏見の地を領有することになり夏見城を築城します。天正13年(1586年)には天下統一した秀吉に領地を召し上げられ帰農したようです。夏見城の発掘調査では室町時代の「毛抜き」が見つかっています。

ただ城は竹藪の中で分け入ってみると土塁が残っていました。説明によると複郭式の構造とありますが、藪が多く断念。