山崎丸

小谷城シリーズのラストは山崎丸です。

山崎丸
山崎丸

小谷城の目の前にある虎御前山に織田信長が付城を築いたため、朝倉軍は大嶽城、福寿丸、山崎丸と尾根沿いに城を築き対抗しています。守ったのが朝倉氏の家臣山崎吉家だったため山崎丸という名前がついています。標高236mにあり最前線を守った城です。

朝倉軍が最新の技術を使って築城しており、かなり凝った縄張になっています。写真は現在の入口ですが本来は空堀でした。信長の大嶽城攻めの際に福寿丸ともども落城したのでしょう。朝倉軍の撤退を信長を追撃し刀根坂の戦いで朝倉軍は壊滅的な打撃を受けます。この戦いで山崎丸の守将だった山崎吉家も討死しています。

福寿丸

小谷城シリーズです(笑)。山頂の大嶽城から2つの大きな尾根が伸びており、一方の尾根に造られたのが巨大山城・小谷城です。もう一方の尾根には砦が2つ造られました。大嶽城からずっと下ったところにあるのが福寿丸。それにしても、こんな尾根道を歩いている酔狂な人間は皆無ですねえ。

福寿丸
福寿丸

福寿丸は元亀争乱となった元亀3年(1572年)に朝倉氏が築いたと伝わっています。守将が木村福寿庵で、そこから福寿丸の名が付けられました。虎口は食い違いになっていて、なかなか高度な造りになっています。信長の大嶽城攻めの時に同時に攻められたでしょう。

小谷城を見下ろせる大嶽城

織田軍が小谷山山頂にある大嶽城を手に入れたことで小谷城を見下ろすことができ、相手の動きがよく分かるようになります。写真に映っている山の尾根にあったのが小谷城です。

小谷城
小谷城

相手の動きが分かるので小丸と本丸の間を分断すれば各個撃破できると作戦を立てられたのでしょう。秀吉が清水谷から攻めあがるのにあわせて金吾丸から、また大嶽城から六坊を通って山王丸方面へ出撃し、三方面から攻撃したのでしょう。浅井軍としては守り切りようがなかったですね。姉川の合戦で浅井・朝倉軍が勝てる局面もあったのですが、戦いが勝敗を分けました。

信長が駆け上がった大嶽城

織田信長が嵐のなか、自ら手勢を引き連れて攻めあがった大嶽城です。大嶽城は小谷山の最高地点にあり姉川の合戦の後、小谷城の救援に入った朝倉勢が拠点にしました。いくつもの郭があり、けっこう大きな山城です。

大嶽城
大嶽城

ところが天正元年(1573年)8月に小谷城と共に北国街道を抑えていた山本山城が信長側に寝返ります。さっそく織田軍は北国街道を封鎖し朝倉氏の本拠地である一乗谷との連絡を断ち切ります。

■朝倉氏が滅亡
すぐに織田信長が馬廻り衆を率いて自ら嵐の中を大嶽城目指して攻め上ったと「信長公記」に記載されています。大嶽城には朝倉兵500が籠っていましたが陥落し、降服しました。信長は兵を生かしたまま田神山の朝倉義景本陣へ送り返したところ、これ以上は無理と思ったのか朝倉軍は撤兵を開始。

織田軍は追撃をかけ、そのまま越前の一乗谷まで攻め込んで朝倉義景は滅びました。大河ドラマ「麒麟がくる」ではユースケ・サンタマリアが朝倉義景を演じていました。

月所丸

香川元太郎氏という城郭イラストを書いているイラストレータがいます。雑誌「歴史群像」に「戦国の城」シリーズを書いていて、昔、小谷城の月所丸が載っていました。これがなかなか鄙びた絵で、尾根筋を二重堀切で断ち切った監視所が、なんとも儚げでした。

月所丸
月所丸

ということで小谷城に登ったなら月所丸まで行かなければ!
ハイキング客のほとんどは本丸でリターンして帰ります。小谷城の大堀切を超えて京極丸、小丸、山王丸まで足をのばすのは、歴史好きですね。さらに山王丸から崖道を降りて、一番北側にある月所丸まで巡る人間はまずいません。山王丸のまだ向こうに六坊があり、この六坊からは崖沿いの細い山道しかありません。

城を防御するための道なので仕方ないですね。人が行き違いするのが、けっこう難しい道で、この山道を進んでいくと一番北側にある尾根筋を守る月所丸にたどり着きます。写真では分かりにくいですが、尾根道を見事な二重堀切で切っています。

小丸

京極丸のすぐ上にあるのが小丸。浅井久政が自決した所です。

小丸
小丸

浅井久政は信長モノの映画やドラマなどに浅井長政の父親として登場し、けっこう年配の俳優が演じていますが亡くなったのは48歳。浅井長政が29歳ですので、そんなものでしょう。京極丸を落とした秀吉軍は浅井長政軍と浅井久政軍との分断に成功。そのまま浅井久政が籠る小丸を攻撃します。久政は最後を悟り、部下が侵入をくい止める中、自決します。

浅井家は朝倉家と織田家の両方と同盟していましたが信長が朝倉と戦うようになった時、朝倉との同盟を守ったのが浅井久政です。浅井・朝倉が信長に勝ったら徳川家康のように同盟を守った律儀者と評価されていたでしょうね。元亀争乱では信長もけっこう危ない時が何回もありました。

京極丸

小谷城にある京極丸です。京極という名前でピーンときた、あなたは偉い!そうです、守護の京極氏です。

京極丸
京極丸

京極丸とは京極氏を小谷城に住まわせていたことに由来します。近江源氏の佐々木氏は京極氏と六角氏に分かれます。バサラ(婆沙羅)として有名な佐々木道誉は京極氏でした。京極氏は守護として近江の北半分を支配していましたが、力を落とし浅井氏が台頭してきます。しかし家柄の面で皆が納得がえられないので浅井亮政(浅井長政の祖父)は京極氏を名目上の守護と仰いでいました。

大河ドラマ「麒麟がくる」で齋藤道三が土岐氏を当初は表向きはたてていましたが、あんな感じです。織田家の清州城でも守護の斯波氏を迎える間がありました。この京極丸は大堀切のすぐ横で、秀吉がここを抑えて本丸と小丸を分断したのが小谷城攻めの決定打となりました。

京極氏は没落していましたが浅井三姉妹・初の旦那だった京極高次が関ケ原の戦いの前哨戦となる大津城の戦いで立花宗茂を釘付けにしたことから国持大名に返り咲きます。

小谷城 大堀切

小谷城の本丸北側には深さ10m×幅15m×長さ40mからなる大堀切があり。ここから上部と下部を明確に分断しています。ようこんな堀切を造りましたね。すごい土木量です。

大堀切
大堀切

本丸を中心に活躍していたのが浅井長政で上部にいたのが父親の浅井久政です。まあ2世代住宅みたいなものなので大堀切で区分けしていたのでしょう。

織田信長の小谷城攻めでは、秀吉が夜半に清水谷からこの中心部に攻め込み、浅井久政が籠る小丸と、浅井長政が籠城する本丸を分断し、落城に追い込むことになります。

金吾丸

金吾とは朝倉宗滴のこと。朝倉宗滴は3代にわたって朝倉氏当主を参謀格としてよく補佐し、各地を転戦し朝倉氏の武名を高めました。最後は実質的に当主の役割でもありました。朝倉宗滴の雑談をまとめたものが「朝倉宗滴話記」で、合戦,治政,修身などについての戦国武将の処世観を今に伝えています。「家柄でなく、その者の能力によって人材を登用せよ」という言葉が残っています。

金吾丸
金吾丸

大永5年(1525年)朝倉宗滴は浅井氏と六角氏との調停のため小谷城へ入り、一角に金吾丸を造って5ケ月にわたって在陣します。浅井亮政をよく助け、これ以降、朝倉・浅井家は固い絆で結ばれることになり、最終的に信長を裏切ることになります。金吾丸は城域に入る手前に造られていて小谷城の主郭を目指すハイカーなどは誰も立ち寄りません(笑)。

朝倉宗滴は茶器・九十九髪茄子を持っていたこともあり、松永久秀に伝わり織田信長に臣従した時に献上しています。

小谷城 浅井長政自刃の地

近江・小谷城、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の舞台です。

浅井長政自刃の地
浅井長政自刃の地

茶々、初、江の浅井三姉妹が生まれた城でもあります。父親である浅井長政が叔父の織田信長を裏切ったことから争いになります。浅井と朝倉は祖父の代からのつきあいで、なんぼ信長の妹を娶っても、今までのつきあいを無視するわけにはいかなかったようです。

浅井・朝倉と戦うことになった信長は危ない場面が何度かありましたが、天正元年(1573年)7月、信長の軍勢により浅井長政は自害することになります。信長は降伏勧告を行ったようですが断り、主郭から出陣。浅井長政は主郭には戻れず主郭のすぐ下にある赤尾屋敷で自害します。主郭から赤尾屋敷に行くには切岸の細い道を歩くしかなく自害する時間稼ぎになったようです。

お市の方と三姉妹は叔父・織田信包の伊勢上野城で保護を受けたと大河ドラマで描かれていましたが、近年では織田信次に預けられ、守山城に滞在していたようです。