丹波・八上城

丹波国・国人だった波多野氏が本拠としたのが八上城。

八上城
八上城

波多野氏は三好氏に攻められて一時期、没落していましたが、三好氏の勢力が落ちると八上城を奪い返します。足利義昭を奉じて信長が上洛してきた時、信長方になり、明智光秀の丹波攻めにも参加していましたが黒井城を攻める時に反信長方となり、明智光秀は命からがら逃げることになります。

光秀による第二次丹波攻めがあり、八上城の周りにたくさんの陣城を築いて封鎖し兵糧攻めにします。降伏した波多野氏は信長に処刑されます。光秀が天下をとっていたら「八上の干殺し」などと呼ばれたのでしょうね。

八上城は国史跡となっており麓の春日神社から登ることができます。ハイキングコースになっているので山城では珍しくハイカーと出会うことができます。結局、10名ほどと出会いました。頂上の主郭から丹波篠山の街や山陰街道が一望できます。さらに主郭から南に行くと別の郭や大堀切、井戸がありました。さすがにこんな所まできているハイカーはいませんね。

伊勢八太城

伊勢八太駅と一志駅の中間ぐらいにあるのが伊勢八太城。北畠氏に属していた田上玄蕃頭が築いて城主だったと伝わっています。北畠氏が滅亡した後、田上玄蕃頭は秀吉に仕え、伊勢八太城には織田の家臣である日置大膳亮が入っていたようです。

伊勢八太城
伊勢八太城

北山腹に水道施設があり、その脇からよじ登ると主郭に達すると情報があったので、よじ登りましたが実は麓から尾根沿いに山道がありました。主郭は広い楕円形で土塁も残っていました。尾根沿いにピークになっているところが2ケ所あり、こちらも郭だったようです。

賤ヶ岳砦

賎ヶ岳砦は七本槍で有名な賤ヶ岳の戦いの由来になった場所で余呉湖や琵琶湖が一望できます。現在は展望公園になっていてリフトであがれますが3月はまだリフトが動いておらず、エッチラオッチラと頂上まで登りました。公園整備で城跡はだいぶ破壊されていますが、3つの郭跡が分かり、北側には堀切や土塁もよく残っています。

賤ヶ岳砦
賤ヶ岳砦

賎ヶ岳砦は信長と浅井・朝倉軍が戦っていた時は浅井・朝倉軍が布陣していました。賤ヶ岳の戦いでは羽柴秀吉方の砦となり但馬竹田城主の桑山重晴らが守っていました。

賎ヶ岳砦の北側にある大岩山砦を佐久間盛が落城させてから、賤ヶ岳砦の桑山重晴らと対峙していたところに、大垣から急ぎ戻った秀吉軍主力により佐久間軍は撤退します。ところが柴田軍側で参加していた前田利家が戦場離脱をしたことから柴田軍は総崩れとなります。賎ヶ岳砦が戦場になったわけではないのですが一帯が戦場になったため賤ヶ岳の戦いと呼ばれています。

岩崎山砦

中川清秀が守っていた大岩山砦から尾根道をずっと行くと余呉湖近くに岩崎山砦があります。大岩山砦より北側なので柴田勝家との前線に近い砦ですが、ここも大岩山砦と同様に第二次防衛ラインでした。

岩崎山砦
岩崎山砦

砦というより城の規模ですが、土塁などもあまり高くなく郭も整備されていない状態です。案内板に書いていますが最前線でなかったので造っている最中だったかもしれません。守っていたのは中川清秀と同じ摂津衆の高山右近。高槻城の城主です。

大岩山砦を急襲し、中川清秀を討死させた佐久間盛政が次に狙ったのが岩崎山砦。造成中で守りきれないと判断したのか高山右近はさっさと逃げて、田上山城の羽柴秀長軍に合流しました。

大岩山砦(中川清秀 終焉の地)

摂津の茨木を治めていたのが中川清秀。高山右近のイトコでもあります。

中川清秀 終焉の地
中川清秀 終焉の地

荒木村重、高山右近、中川清秀を中心に摂津を治めていましたが、荒木村重の謀反が起きると、信長の説得を受けいれて信長側につきます。本能寺の変が起きた時には高山右近と共に秀吉側につき山崎の戦いで活躍します。翌年、秀吉と柴田勝家との間で賤ヶ岳の戦いが起きた時は二番手として大岩山砦を守っていました。

賤ヶ岳の戦いでは北国街道の両側の山に砦を築いて封鎖しますが大岩山砦はちょうど中間ぐらいの位置でした。油断していたせいか佐久間盛政が余呉湖を迂回し、側面から大岩山砦に攻めあがってきます。中川清秀など摂津衆はここで戦い討死しました。大岩山砦には中川清秀の供養塔が建っています。不思議なのは山の上の砦なので迂回してきた佐久間軍を見つけられなかったのか、東側に山を下って逃げる手もあったのになぜしなかったのかですね。

田上山城

小谷城の北側にあるのが田上山城。

田上山城 角馬出
田上山城 角馬出

■朝倉義景が布陣した城
浅井氏を支援していた朝倉義景が田上山に城を築いて布陣していました。嵐の中、織田信長が親衛隊を率いて朝倉方が守っていた大嶽城を襲撃、落城させます。

朝倉義景は小谷城の浅井長政と連携を取り合うことができなくなったため、撤兵を決意。ところが信長は撤兵を予想しており田部山城から撤退する朝倉軍を追撃し、越前の一乗谷まで追い込んで朝倉家を滅亡させます。

■静ヶ岳の戦いの本営 羽柴秀長が布陣
静ヶ岳の戦いでは秀吉の弟である秀長が布陣しました。現在の城跡はこの時に改修され、大きな4つの郭が造られます。最新の技術も導入されており角馬出(写真)が残っていました。横矢がかかる土塁が整備されており、技巧的な城になっています。

磯山城

彦根駅から米原駅に向かうと右手に見えるのが佐和山城で、対面の左手には磯山城が見えます。JRは2つの城に囲まれた間を通っています。

磯山城
磯山城

琵琶湖に面した南北に長く続く独立丘陵が磯山で、ここに磯山城が築かれています。北峰のピークが虎ヶ城と呼ばれており、南端のピークは南城で一城別郭形式の山城です。北側の磯崎神社から城に入れ、案内では遊歩道が整備されていると書いてありますが、しっかり山道でした(笑)。

■磯山城の城主
琵琶湖に当時あった朝妻湊などがよく眺められます。もともとは彦根市松原を本拠として浅井氏に従った松原氏の居城だったようです。ただ境目の城だったので。六角氏が落城させ陣所に使ったりしていました。織田信長が足利義昭を奉じて上洛する時に六角氏を追い出したので浅井氏家臣・磯野員昌が城主として入ったようです。

信長と浅井氏が敵対するようになった時、磯野員昌は佐和山城に移っており、この時は佐和山城攻めで磯山城が織田軍の陣所になったようです。ただ虎御前山城のように凝った縄張りにはなっておらず、古い形態もままなので本当に織田軍の陣所になったかどうかは不明です。

馬出の発売開始

合同会社エムアイティエスから馬出を発売開始

2021年4月1日

各位
昨年、「一国一城の主」セットを発売しましたが、初回セット(障子堀付)は破格値の9億4800万円ということもあり完売いたしました。お申込みいただいた方々、暑く御礼を申し上げます。今年度は新たに馬出セットを発売します。

角馬出
角馬出

■馬出しとは
虎口(こぐち)の外側を守るために作られた郭で、半円形の丸馬出と長方形の角馬出があります。凹形式に土塁が造られ土塁越しに援護しながら両脇から相手に攻撃ができます。土塁前には堀がセットで造られます。武田信玄は特に三日月堀を備えた丸馬出を効果的に用いており、武田に仕えた真田信繁が大坂の陣で造った真田丸も大きな馬出ではなかったかという説があり、天王寺にある茶臼山陣城には丸馬出跡が今も残っています。角馬出は北条や徳川がよく用いており丹波篠山城には現在も大きな角馬出が2つ残っています。

■角馬出 いまなら税込9,800万円!!
土地を用意していただければ角馬出を施工します。仕様は下記の通りです。
土塁ー高さ1m、郭の広さ-5m×3m、堀-深さ1.5m、両脇の攻撃路-幅2m

角馬出なので郭は駐車場としても使えます。幅5mなので2台は駐車可能です。丹波篠山城の南馬出は実際に駐車場として使われています。ただし攻撃路から車が堀に落ちた場合は自分で対処してください。

■武田信玄の丸馬出にもできます!!
プラス200万円で丸馬出にも変更できます。ただし郭の広さが小さくなるので駐車できるのは1台となります。またソロキャンプ場として使うこともできます。

さあ馬出をゲットして、あなたも真田信繁の気持ちを味わってみませんか!今なら9,800万円とお買い得です!