超スマート社会とこれからの企業経営

昨日は天王寺の都ホテルでセミナー。久しぶりにオンラインではなく人が集まってのリアル・セミナーでした。

タイトルは「超スマート社会とこれからの企業経営」で主催は大阪商工会議所・南支部です。いやあマイクを使ったセミナーは久しぶりでした。

小谷城 大堀切

小谷城の本丸北側には深さ10m×幅15m×長さ40mからなる大堀切があり。ここから上部と下部を明確に分断しています。ようこんな堀切を造りましたね。すごい土木量です。

大堀切
大堀切

本丸を中心に活躍していたのが浅井長政で上部にいたのが父親の浅井久政です。まあ2世代住宅みたいなものなので大堀切で区分けしていたのでしょう。

織田信長の小谷城攻めでは、秀吉が夜半に清水谷からこの中心部に攻め込み、浅井久政が籠る小丸と、浅井長政が籠城する本丸を分断し、落城に追い込むことになります。

金吾丸

金吾とは朝倉宗滴のこと。朝倉宗滴は3代にわたって朝倉氏当主を参謀格としてよく補佐し、各地を転戦し朝倉氏の武名を高めました。最後は実質的に当主の役割でもありました。朝倉宗滴の雑談をまとめたものが「朝倉宗滴話記」で、合戦,治政,修身などについての戦国武将の処世観を今に伝えています。「家柄でなく、その者の能力によって人材を登用せよ」という言葉が残っています。

金吾丸
金吾丸

大永5年(1525年)朝倉宗滴は浅井氏と六角氏との調停のため小谷城へ入り、一角に金吾丸を造って5ケ月にわたって在陣します。浅井亮政をよく助け、これ以降、朝倉・浅井家は固い絆で結ばれることになり、最終的に信長を裏切ることになります。金吾丸は城域に入る手前に造られていて小谷城の主郭を目指すハイカーなどは誰も立ち寄りません(笑)。

朝倉宗滴は茶器・九十九髪茄子を持っていたこともあり、松永久秀に伝わり織田信長に臣従した時に献上しています。

小谷城 浅井長政自刃の地

近江・小谷城、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の舞台です。

浅井長政自刃の地
浅井長政自刃の地

茶々、初、江の浅井三姉妹が生まれた城でもあります。父親である浅井長政が叔父の織田信長を裏切ったことから争いになります。浅井と朝倉は祖父の代からのつきあいで、なんぼ信長の妹を娶っても、今までのつきあいを無視するわけにはいかなかったようです。

浅井・朝倉と戦うことになった信長は危ない場面が何度かありましたが、天正元年(1573年)7月、信長の軍勢により浅井長政は自害することになります。信長は降伏勧告を行ったようですが断り、主郭から出陣。浅井長政は主郭には戻れず主郭のすぐ下にある赤尾屋敷で自害します。主郭から赤尾屋敷に行くには切岸の細い道を歩くしかなく自害する時間稼ぎになったようです。

お市の方と三姉妹は叔父・織田信包の伊勢上野城で保護を受けたと大河ドラマで描かれていましたが、近年では織田信次に預けられ、守山城に滞在していたようです。

長法寺城

長法寺は戦国時代頃に廃絶となったようですが、寺域の入口に山城が造られています。それが長法寺城。高島方面から山道をひたすら登った先にあります。もともとは坊があったようで急遽、山城に造り替えたようです。3つの郭が連格式でつながり、入口は堀切を進む形になっています。寺側の入口は食い違い虎口になっていました。

長法寺城
長法寺城

長法寺は石垣の寺ですが、長法寺城は土の城で、急ごしらえで造ったのでしょうね。打下城方面からの攻撃には特に備えていないので、一帯で運用していたとすると織田信長との戦いに巻き込まれていたのかしれません。

長法寺跡

打下城から尾根道を下ると琵琶湖を一望できる別の丘陵があり、ここにあったのが山岳寺院・長法寺跡。昭和31年に地元の高島高校・歴史研究部によって再発見されました。寺の最古の記録が1205年(元久2年)に出てきますので鎌倉時代ですね。

長法寺跡
長法寺跡

鎌倉、室町と続き織田信長の焼き討ちで長法寺は廃絶したと伝わっていますが焼き討ちされた跡などは見つかっていません。ただ戦国時代頃には寺は廃絶し、その後は再発見されるまで山の中に眠っていたようです。

長法寺跡は整備されており広大な敷地にたくさんの坊跡が残っています。また石垣は自然石を積み上げた野面積の石垣が多様されています。こういった寺院の石垣技術が戦国時代の城郭に取り入れられていきます。それにしても山の上にこんな広大な寺をよく作ったものです。

打下城

打下(うちおろし)城へ。

打下城
打下城

一度訪れたことがあるのですが途中で道が分からなくなり切岸を登って、たどりついた山城です。今回は打下城までの道をしっかり覚えたのでバッチリでした。しかも雪が積もっていて藪も雪の下、郭の形がよく分かります。打下城は土塁で囲まれた大きな郭が2つあり、郭の間にある尾根を小曲輪群がつないでいます。

戦国時代に地元の国人領主・林員清(林与次左衛門尉)が築城したと伝わっています。林員清は朝倉・浅井方でしたが織田信長に降伏したようで、「信長公記」によれば信長は打下城を陣所にして朝倉・浅井軍側の高島郡を攻めています。

林員清は天正3年(1575年)に謀反が発覚し、一向一揆との戦いで出陣していた越前・北之庄にて、命を受けて切腹させられますが、同時期に近江で他にも粛清が行われており真相はよく分かっていません。

高島郡は織田信長の甥・津田信澄が支配し、最初は打下城に入っていましたが琵琶湖沿いに大溝城を造り、居城としています。

幻の坂本城

1571年(元亀2年)に比叡山焼き討ちが行われた後、織田信長が光秀に近江国滋賀郡を与え、比叡山延暦寺の監視と琵琶湖の制海権をおさえるように命じました。この時に造ら得たのが坂本城で琵琶湖に面した水城で、城から船で安土に向かうことができました。大河ドラマ「麒麟がくる」でも出てきましたね。現在は石垣の一部が琵琶湖に残っています。

坂本城

坂本城は宣教師ルイス・フロイスが安土城につぐ天下第二の城と評した城でもありました。織田信長が安土城を造る前に天守の試作をしたようで大天守(信長用)と小天守(光秀用)の2つがあったとみられています。

本能寺の変の後も秀吉の城として使われましたが、やがて新たに大津城を造ることになり廃城となり、資材は大津城築城に使用されます。大津城は関ケ原の合戦の舞台となりましたが、こちらも廃城となり、家康は新たに膳所城を築り明治まで残りましたが、現在は碑だけになっています。

従業員が新型コロナに感染したら、どう広報する?

All About「企業のIT活用」最新ガイド記事です。

従業員からPCR検査の結果で新型コロナ陽性となったと申し出があった時、皆さんの会社では対応策が決まっていますか。下火になったといっても新型コロナがゼロになったわけではなく、いつぶり返すか分かりません。

エボラ熱、エイズ、鳥インフルエンザ、SARSなど次々と感染症が登場し続けていますので、従業員が感染症に感染した時の対応を考えておきましょう。

→ 従業員が新型コロナに感染したら、どう広報する? ホームページへの掲載例や対策

Web上での企業PR

三重県中小企業青年中央会でセミナー。タイトルは「Web上での企業PR(顧客獲得・人材確保)」で、会場参加&Zoomでの参加のハイブリッド型でした。

Web上での企業PR
Web上での企業PR

Zoomになるとパワーポイントのスライドショーでホームページに飛ばしても映らないので共有を閉じて、再共有しないといけないなど、なかなか面倒です。コロナが収まってもオンライン参加が当たり前になりそうなので、ノウハウをためておくしかないですね。