Nifty-Serve提灯(くいだおれ閉店)

道頓堀の「くいだおれ」が閉店になるということで、なんとも寂しいですね。

パソコン通信時代、Nifty-Serveのオフ会で何回か「くいだおれ」を利用しました。山田六郎主任が別のフォーラムのシスオペをしていた関係もあり、フォーラムのオフ会を行う時は必ず床の間にNifty提灯がかかっておりました。

これはオフィッシャルな提灯ではなく主任の手作り提灯です。

「くいだおれ」のすぐ近くに法善寺がありますが、よくお客さんに「水掛け地蔵」さんはどこにありますか?と聞かれるそうです。もちろん法善寺さんは地蔵ではなくてお不動さんです。

「Nifty-Serve提灯(くいだおれ閉店)」への6件のフィードバック

  1. Nifty-Serveとはこれまた懐かしい名前が…!
    私もヘヴィユーザーでした~。
    たしかあの頃はまだテレホーダイでしたよね~(笑)
    月の電話代にハラハラしながら、毎晩会議室を読みふけったり、チャットしたりしたもんです。なっつかしー。

  2. >GERUさん こんにちは
    最初はなんと300bpsのモデムで接続していました。2400bpsが出たときに速さに感激したものです。牧歌的な時代でしたねえ。

  3. 300bpsとはさすが…!
    私が参入したころはまだ音響カプラがありましたが、1200bpsはあったような気がします。しかも、全二重とか半二重とか。
    思えば呑気な時代でしたよね~。
    今度はインターネットの黎明期の頃のお話も聞かせてくださ~い。

  4. うは~、これまた懐かしいお話!ありがとうございます。
    プログラムのロードが終わるまでぼや~っと待った挙句、デバイスエラーが出たりして、よく泣かされたのを思い出しました。
    雑誌の巻末のプログラムも入力したな~~~~。
    年取ったな~あ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です