ワイドショーのプロデューサーとして学んだこと

昨日は月1回開催している知的生産の技術研究会・関西 7月セミナーでした。

講演タイトルは「リーダーシップ」、副題はワイドショーのプロデューサーとして学んだことです。元朝日放送プロデューサーの正賀氏にお話いただきました。

朝から情報系ワイドショーが流れるのは今では普通の光景ですが日本一早朝の情報系ワイドショーを創設したのが正賀氏です。「おはようコールABC」になっていますが、以前は「おはよう6」という番組でした。

番組を始めるに当たって朝日放送の社員だけでは番組がまわりませんので、外からディレクタを集め、チームを作ります。皆が気持ちよく仕事ができるために心を配りますが、組織ですので叱り褒めなければなりません。その奥義を教えていただきました。

早朝は視聴率も測れないほどの時間帯でしたが、視聴者にフィットした内容の番組を作り上げ、どんどん視聴率が向上。とんでもない数字になってしまいました。

話は脱線し、テレビ業界の裏話まで飛び出しました!オフレコの話でしたが、こっちが面白かったですね。

→ 7月セミナーの様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です