無線LANの暗号化をWEPからWPAへ

津から大阪へ戻ると、大学生の息子から無線LANに接続できなくなったと訴えが。

きっと何かやったんだろうなと配線などを調べましたが配線はOK。持参しているパソコンで試してみましたが確かにつながりません。とりあえずNTTに電話して光ファイバーの回線状況を確認したらOKでした。となると無線LANの問題です。

そういえば無線LANの暗号化をWEP形式で設定していて変更していないこととを思い出しました。無線LANの定番はWEPでしたが、神戸大学の森井教授らの研究グループがWEPの暗号キーを数秒で解くことができると発表されてからセキュリティに問題ありと企業の無線LANなどは変更されています。我が家でも、これを機会にWPAに変えることにしました。

無線LANのリセットをして、初期状態に戻し、暗号方式をWPAに設定してパスワードを設定し直し。使っているパソコン側も全部設定し直しました。作業自体は難しくないんですが、大学生(文系)でも分からないのでWEPのまま使い続けている家庭や中小企業も多いんでしょうね。

→ 無線LANのパスワードが数秒で破られる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です