春日大社 初詣

  • kasuga201401.jpg

    1日は自宅近くの枚岡神社へ初詣へ。 

    2日、3日は興福寺のすぐ近くにある飛鳥荘という旅館に宿泊。奥さんの親戚関係が集まって毎年、泊まっています。朝6時になると興福寺の鐘の音が聞こえ、起床。朝風呂に入っていました。至福の時ですなあ。 

    春日大社に初詣に行ってきました。枚岡神社を勧請してできた神社なのに本家以上に賑わっています。社殿に入る参詣道では毎年、入場制限が行われています。制限といっても、ちょっと待ったら入れますので伊勢神宮ほどひどくはありません。 

    帰省している息子が25歳の厄年で、厄落としをするとか言い出すので、春日神社の祈祷所に行ってきました。正月のせいか、たくさんの人が祈祷していました。神主が唱えている内容を聞いていると厄落としやら商売繁盛などのほかに大阪大学合格祈願という切実なもののありました。 

    神楽などがついて大体30分ほど。1回あたり20名ほどで、小祓いが5000円、大祓いは10000円でした。20名で5000円としても1回あたり10万円。入れ替えなどがありますから45分かかるとすると1日あたり10回ほど可能ですから、ざっと100万円。人件費は神官3名&巫女2名分です。祈祷所さえできてしまえば、お守り代と人権費だけですみますので、なかなかいいビジネスモデルですね。 

「春日大社 初詣」への1件のフィードバック

  1. 国宝よろい3領、そろい踏み
    奈良市の春日大社に伝わる国宝のよろい3領が修理を終えて初めてそろう特別公開「刀剣と甲冑」が、奈良市春日野町の同大社宝物殿で開かれている。2月26日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です