さらばアスキー

ascii201401.jpgJ-Mottoというグループウェアがあるのですが、そこの会員向けコラムを連載しています。2004年からですので、もう10年にもなるんですね。1月分の原稿を送ったのですがタイトルが「さらばアスキー」。 

去年の10月1日、角川グループの各社が合併、社名を「KADOKAWA」に統一しました。合併したのはアスキー・メディアワークス、角川書店、中経出版など。これで長らくパソコン雑誌を出し続けていた「アスキー」という社名がなくなりました。 

■アスキー創業、月刊アスキー創刊 
「アスキー」という社名は日本のパソコン発展と共にありました。アスキーの創業は1977年。王選手がホームラン世界記録を達成し国民栄誉賞第1号を受賞した年です。翌年にキャンディーズが解散すると発表、「普通の女の子に戻りたい」という言葉が流行語となります。創刊当時はパソコンではなく、まだまだワンボードマイコンの時代。 

やがてパソコン時代がきますが、パソコン本体が40万円、モニターやプリンターを揃えると60万はしましたので、せっせと月刊アスキーで情報収集するのがマニアの王道でした。 

残念ながら月刊アスキーに記事を書いたことはないのですが、月刊アスキーがリニューアルされた「アスキービジネス」や「インターネットでお店やろうよ!」、「インターネット販売活!」にはいくつか記事を書かせてもらいました。 

昔の写真を探したら、編集者の所へ打ち合わせに行った時に撮影したアスキーの受付が出てきました。貴重な写真になってしまいましたね。さらばアスキー! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です