黒田官兵衛 備中高松城を水攻めにする

  • allabout201401.jpg

    All About「企業のIT活用」最新ガイド記事です。 

    「戦国武将に学ぶシステム作り」というのを昔、執筆していて、そのシリーズの一つを久しぶりに執筆しました。今回はアジャイル開発(俊敏にシステム開発する手法)を取り上げています。 

    と言いますか、大河ドラマ「軍師・黒田官兵衛」がはじまったので便乗です、(笑) 

    戦国時代を生き抜いた黒田官兵衛。織田信長の与力として羽柴秀吉に従い、毛利の部将・清水宗治が守る備中・高松城を攻略していました。 

    高松城は城の周囲が湿地帯となっており、天然の堀状態。力攻めで城を落とすのは難しいと考えた秀吉は低湿地を逆手にとって高松城を水没させることにします。水攻めの記録は中国の史書にあるだけで、ノウハウはなく試行錯誤の連続。いろいろな難題を知恵で乗り切っていきます。

    そこへ飛び込んできたのが本能寺の変の知らせ  
    ....続きはウェブで(笑) 

    ▼黒田官兵衛 備中高松城を水攻めにする 
    http://allabout.co.jp/gm/gc/438507/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です