BLAST研究会

京都100年企業に学ぶ 商いのイロハ
2002年度にスタートした中小企業診断士の研究会。
メーリングリストでの情報交換が主ですが、年に3回、大阪産業創造館を会場に研究会を開催しています。もう12年になります。昨日は第41回目。
コンテンツは
『噺家のマーケティング』  玉島さん
『リスク管理』影 山さん
『京都100年企業に学ぶ 商いのイロハ』 林さん
の3本。
林さんはコミニケ出版から上梓された、「京都100年企業に学ぶ 商いのイロハ」を元にした話でしたが、たった4枚のスライドだけで40分しゃべっておられました(笑)
老舗にとって残すべきものと変わっていかないといけないものがありますが、スキヤキの三嶋亭(三条寺町)で残すべきものの一つが創業当時から変わらない佇まい。新婚旅行で京都を訪れたカップルが、25年後の銀婚式に子供と一緒にまた京都へ。三嶋亭を訪れた時に昔と変わらないお店に新婚時代のことを思い出します。
これこそが老舗の価値ですが、裏では木造建築を維持するのになみなみならぬ努力をしているのが老舗です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です