黒田長政・竹中重門陣跡(関ヶ原)

黒田長政・竹中重門陣跡
新幹線からも見える小高い山の上に黒田長政・竹中重門陣跡があります。
関ヶ原をおおっていた霧が晴れた時、ここから狼煙が上げられ、東軍の攻撃がはじまりました。黒田長政は大河ドラマでは松坂桃李が演じていましたが黒田官兵衛の息子です。竹中重門は秀吉の軍師だった竹中半兵衛の息子。
荒木村重の謀反が起きた時、荒木村重がこもる有岡城(伊丹城)へ説得に行った黒田官兵衛は反対に捕えられて牢につながれます。幼い黒田長政は信長に人質に出されていましたが、なかなか帰ってこない黒田官兵衛を、さては裏切ったと思った信長は人質だった黒田長政を殺すように命じます。これを救ったのが竹中半兵衛。信長には殺したと言って、黒田長政を匿います。
というのが通説なんですが、ウソでしょうね。黒田官兵衛が帰ってこなくても黒田家の家臣は信長方として行動していますので、信長が次期当主となる黒田長政を殺す必要性はなく、そんなことをしたら黒田家も離反してしまいますので、まあ物語のたぐいでしょう。竹中半兵衛は黒田官兵衛が助けだされる前に三木城攻めの付城だった平井山で病死しています。
関ヶ原の戦いでは竹中重門は最初、西軍として行動していましたが、黒田長政の説得で東軍に寝返り、黒田軍の寄騎として戦いました。関ヶ原周辺は竹中氏が領主でしたので地理に明るく、家康から西軍諸将の探索と捕縛を命じられ、小西行長の捕縛に成功しています。また戦死者を埋葬し、これが首塚になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です