小牧・長久手の合戦の舞台 蟹江城

蟹江城
関ヶ原の合戦は美濃の関ヶ原だけでなく東北から九州まで各地で戦闘が行われましたが、小牧・長久手の合戦も尾張だけでなく伊勢などが戦場になりました。
■蟹江城合戦
名古屋から桑名へ向かう途中にあるのが蟹江。蟹江駅の近くの地名はそのものずばり「城」になっています。戦国時代、ここに蟹江城がありました。現在は住宅地に本丸にあった井戸が残っているだけです。この蟹江城で蟹江城合戦が行われました。
家康・信雄陣営と秀吉陣営がこう着状態になった時、秀吉は既に隠居していた滝川一益と一益の息子に加勢を頼みます。滝川一益は清洲城と桑名城の連携を妨害するために途中にある蟹江城の攻略をはじめ九鬼水軍と連携して蟹江城を落城させます。蟹江川をはじめ川が多く、ゼロメートル地帯で湿地帯になっていますから攻めるのは難しかったでしょう。
ここまではよかったのですが、秀吉側の主戦力の投入などが遅れ、織田信雄と徳川家康が蟹江城を攻め、これを開城させます。蟹江城合戦こそが徳川家康の生涯における最も重要な勝利であるという評価もあるような戦いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です