織田信長の学ぶIT活用

織田信長
織田信長と聞いて、どんなイメージを浮かべますか?
「天才的な革命児で威圧感があり、近寄りがたい人物」といったところでしょうか。
確かに信長は天才だったかもしれませんが、負けに学び、常に考え続けた武将でした。先に天下人となった三好長慶のやり方などもよく学んでいました。

この信長の時代に普及したのが鉄砲で、今でいえばITです。信長は鉄砲を活用することで、弓や刀の戦いを根本的に変えてしまいました。
企業を取り巻く環境もIoT、フィンテック(金融+IT)、人工知能(AI)などと劇的に変っていて、戦国時代とよく似ています。ITという鉄砲をどう事業にいかしていくのか信長のように考えましょう。

最近、セミナーの冒頭などで「織田信長に学ぶビジネスモデル」の話をしているのですが、一部をAll About「企業のIT活用」向けのガイド記事にまとめなおしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です