合同会社を作ろう(3) 登記

東大阪法務局
■出資金を振り込む
会社設立前なので法人口座がまだありません。そこで個人口座に出資金を振込ます。自分の名前で自分の口座に振込します。振込をしたらすぐに通帳の記帳をします。でないと後の取引明細が下に並びますので、なるべく早い方がよいでしょう。コピーするのは通帳の表紙、裏表紙、出資金の明細が書かれた3枚になります。
■法務局に出す書類を用意する
会社設立freeeでは提出書類の一式が出てきますので、これを印刷します。どう書類をセットするか、どこに印鑑を押すかは説明がありますので、その通りにします。
合同会社設立登記申請書
登録免許税納付用台紙
代表社員、本店所在地及び資本金決定書
就任承諾書
払込があったことを証する書面(通帳のコピー)
印鑑届出証明書
別紙(OCR)
CD-R(電子定款)
■法務局へ行く
郵送もできますが、河内永和駅近くにある東大阪法務局へ提出に行ってきました。登記するには登録免許税が必要で、「6万円または資本金の額の0.7%のうち高い方」となっています。 0.7%を超えるのは資本金860万円ぐらいですので、これ以下の資本金なら6万円になります。東大阪法務局の2階で印紙を売っていますので、6万円を買って、登録免許税納付用台紙に貼ります。提出先は1階の商業・法人登記の窓口になります。
窓口で書類一式とCD-Rを渡したら印鑑カード交付申請書をもらいました。登記が終わったら印鑑カード交付申請書を出せるそうで、提出書類に不備があれば電話するそうです。大体、4営業日後ぐらいまでには終わるそうです。
提出が終わったら近くにある東大阪税務署と年金事務所をまわって会社設立で出さないといけない書類一式をもらってきました。
【ここまでかかった費用】
印鑑 15,900円
印鑑登録証明書 300円
電子認証 5,000円
登録免許税 60,000円
合計 81,200円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です