孔舎衛坂駅

孔舎衛坂駅

昔、近鉄奈良線は石切駅のもう少し先に孔舎衛坂駅があり、ここから旧生駒トンネルに入っていました。久しぶりに少し足をのばして孔舎衙坂駅へ、ホーム跡などがそのまま残っています。

もともとは日下(くさか)駅という名前でしたが、神武東征で神武天皇が長髄彦と戦った孔舎衛坂の名前をとって孔舎衙坂駅になりました。

神武東征に出発し、大阪は海でしたのでそのまま船に乗って草香津に着きます。ここから生駒山を越えて大和に入ろうとした時に孔舎衛坂という尾根道で長髄彦に敗退。神武天皇は日の神の子孫が日に向かって(東側)に攻めたのが敗因だと言いますが、そんなのは戦う前に分かるし、戦いに有利なのは高所をとった方ですから、最初は交渉できていたところを裏切られたか何かがあったんでしょうね。

草香津まで戻り、盾をたてて雄叫びしたので草香津は盾津と呼ばれるようになります。ここから紀伊半島を迂回し、三重県から大和を目指すことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です