あなたの知らない古文書の世界

あなたの知らない古文書の世界

昨夜は天満橋にあるコワーキングスペースCo-Boxで知的生産の技術研究会・関西を開催。

テーマは「あなたの知らない古文書の世界」で講師は古文書の世界にどっぷりつかっておられる中元さんです。博物館などで古文書を見ても何が書いてあるのかサッパリということで、読める秘訣が聞けないかなと企画したセミナーです。

摂津国の遠里小野(おりおの)は昔、菜種油の産地で菜種油を商いしていた中野家に伝わる古文書を題材に語っていただきました。よく使う文字(例えば候とか)はめちゃくちゃ省略されたり、読みが同じということで同じ漢字のはずが、いろいろな漢字を使ったりとバラバラ。

一つの古文書でくずし文字を覚えても、他の古文書では別の書き方をしていて、そのままでは読めないという、とっても奥深い世界でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です