紀勢本線 全線開通60周年

快速みえ
快速みえ

紀伊半島をぐるっと走っているのが紀勢本線。本線と言いながら単線です。紀勢本線は三重県の亀山駅から和歌山市駅までを結んでいます。紀勢本線で最後まで残っていたのが尾鷲と熊野の間にあった三木里~新鹿(あたしか)間。 

紀勢本線に乗って尾鷲駅を出ると列車は熊野灘沿いの断崖をひたすら進んでいきます。水平線と岩にぶつかる水しぶきが見えて、なかなかの景勝地なんですが、ここに鉄道を通すのは大変だったことが分かります。この間がつながったのが60年前で、それまでは尾鷲から熊野へ行くのに、いくつもの峠を車で越えて2時間ちかくかかっていました。 

写真は伊勢市駅で車両連結中の快速みえで鳥羽ー名古屋を結んでいます。(鳥羽ー津までは紀勢本線を通り、津からは伊勢鉄道線、関西本線を経由します) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です