カンボジアの子供たちに通学用自転車を

知的生産の技術研究会・関西というのを30年以上やっておりますが昨夜は大阪産業創造館で「クラウドファンディングで教育のチャンスを守る。カンボジアの子ども達に通学用自転車を!」セミナーを開催。

講師は安田コンサルティング代表 安田 勝也氏です。
・カンボジニアの歴史
・ポルポト政権が国に与えたとんでもない影響
・ダルニー奨学金がきっかけで訪れたカンボジア貧困家庭の実態と本当の現実
・本当に必要な支援はなにか
・日本で走っていた中古自転車なら学校へ通う間は持つということではじめた自転車プロジェクト
・クラウドファンディングReadyForの活用をはじめる
・ReadyForにはどんな申込や手順が必要で、プロジェクト実行時の支援金の時系列の動き、特に中だるみ期間をいかに乗り切るか
など、多彩な内容でした。

最近、支援先の学校までプノンペンから2日間ほどかけてママチャリで走っています。(走った自転車もプレゼントされます)「皆さんがこれから使う自転車は2日走ればプノンペンに着きます。プノンペンからは世界中につながっていますので、未来を信じてがんばってください。」と挨拶するのが定番なんだそうです。

今年もプロジェクトが動いており、締切は9月末で、あともうちょっとというところまで来ています。All or Nothing型なので、達成しないとプロジェクトはチャラになります。

→ 自転車1台で変わる未来。カンボジアの子供たちに通学用自転車を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です