日爪城

日爪城は近江高島にある山城で主郭からは琵琶湖が眺められます。東郭群と主郭の2つに分かれていて郭の間を長い土橋が結ぶ独特の山城になっています。地元の人がよく整備していて看板もバッチリある稀有な山城です。

日爪城
日爪城

このあたりは木津荘という山門領(比叡山)があったところで戦国時代には饗庭荘と呼ばれていました。饗庭氏は西林坊、定林坊・宝光坊の三坊に分かれ、日爪は西林坊が領していたので日爪城は西林坊が整備していたのでしょう。

「麒麟がくる」で比叡山の焼討が行われましたが、この後も信長は浅井・朝倉方と戦っており明智光秀が山門領だった高島郡を攻略しています。この時に日爪城は落城したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です