青春閉鎖ステーション コスプレの世界

今日は松屋町で研修インストラクターを担当。

研修会場は8階なんですが、7階では「青春閉鎖ステーション」なる催しが開催されていました。エレベータに乗るとコスプレ姿の女性が何名も、ここはアキバかいな!

8階からは吹き抜けごしに7階の様子が見えるのですが、研修の休み時間になると、どどっと受講生のおじさんが吹き抜けに集まって7階の様子を見ることに(笑)スタッフなどはコスプレ姿でうろついており、ほんまに異様ですね。反対に向こうから見たら何で日曜にスーツ姿なんだになるでしょうが。

この分野に詳しい受講生によると「涼宮ハルヒの憂鬱」系の集まりのようですね。中には参加者に声をかけた受講生もいて、ヒアリング調査によると同人誌などを1冊1万円ほどで買っているようです。この世界には金融危機がないようです。

「青春閉鎖ステーション コスプレの世界」への1件のフィードバック

  1. ははあ。ジャンル限定イベントがあったんですね。
    同人誌の相場は1冊500~800円くらいでして、それをバンバン買うものだから、1日で10万が吹っ飛んだりというすさまじい世界です。
    友人の手伝いで売り子をしたことがありますが、お札が紙くずのようでした…。最近はさすがに税務署もチェックしにきているようですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です