世界一不快な発明

昼から四日市商工会議所へ

四日市駅から商工会議所へ行くには諏訪商店街を通っていきます。ここはイオンの創業の地で岡田屋があったところです。「大黒柱に車輪をつけろ」という社訓の会社ですので、昔はジャスコがあったのですが今は空き地です。

四日市駅近くはまあまあ人通りもあるのですが、はずれにある諏訪神社の方へ行くと閑散としています。そんな中に響く歌声。見ると商店街の中でカラオケ大会をやっていました。イスに10名ぐらい座っていましたが、見物客ではなく歌う順番待ちをしているだけのようです。

それにしても商店街でカラオケをやっているのは初めて見ました。イギリスで「最も重要と思いつつ最も不快に感じる発明品」でカラオケが第一位になったようですが、この商店街に響く歌声を聞くとなるほどと思いますね。

カラオケは10人歌いたい人がいれば、その後ろには被害を受ける人が150人はいるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です