伊勢鉄道 もう田植えの時期なんですね。

今日は三重県産業支援センターが発行している機関誌「MIESC」の取材に担当者と行ってきました。訪問する会社が伊勢鉄道・鈴鹿駅のすぐ近くでしたので、久しぶりに伊勢鉄道に乗ることにしました。

国鉄時代、名古屋から伊勢へ行く時、桑名、四日市と抜けてここから内陸部の亀山に入り、亀山で紀勢本線に乗り換えなければなりませんでした。そこ で四日市から津までバイパス線が作られましたが、これが近鉄とバッティングする路線。結局、第三セクターとなって今の伊勢鉄道になっています。ただ、JR の特急「南紀」や快速「みえ」に線路を貸しているので経営的には割と優秀な第三セクターです。

津駅の端の方へ行くと伊勢鉄道の駅があります。一両編成のレールバスでのんびりと鈴鹿まで向かいました。沿線の田園には水が貼られ、田植えの準備中。中には田植えが終わっているところもありました。

帰りも伊勢鉄道を使ったのですが鈴鹿駅の窓口で買った切符は今時、珍しい硬券の切符でした。硬券というのは昔の国鉄時代によく使われていた硬い切符です。まだ、あるんですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です