ひょうご産業活性化センター 研修

hyougo201204.jpg今日は、ひょうご産業活性化センターの研修。 

午前は兵庫県産業労働部による経営革新計画の説明。経営革新計画とは中小企業が新しいことに取り組む内容を経営計画(3年~5年)にまとめ知事承認を受けると、いろいろ支援策が活用できます。と言っても支援としては低利融資ぐらいしか目玉がないので、私は主に経営の棚卸に計画作りをすすめています。 

兵庫県内の中小企業数は約16万8千社で経営革新の承認を得ているのは2,012件。1.19%ほどが承認を得ています。全国の各都道府県でやっているんですが、運用は各県少しづづ変わっていて兵庫県では、会社が額に入れた飾れるような承認書にしています。これはいいやり方ですね。計画の提出先は県民局単位で、審査会が月に2回開催され、そこで面接が行われます。ちなみに三重県は提出するだけで面接はありません。 

午後はひょうご産業活性化センターのいろいろな事業説明。多岐にわたっていますが、基本的にどこの支援センターも同じですね。面白かったのが 
・技術、経営力評価制度 
 有料で会社の評価をしますが、けっこうな申し込み案件があります。銀行がすすめているようです。 
・女性起業家向け創業補助金 上限100万円で補助率1/2です。 
 女性だけというのがちょっと難点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です