EU統合の父の母は日本人

tiken201304.jpg知的生産の技術研究会から出ている機関誌。 

巻頭は毎年、開催されている寺島実郎氏(多摩大学学長、三井物産戦略研究所所長など)の講演録「日本の進路はどうあるべきか」。寺島氏にはよくテレビのコメンテータなどで登場されているので、ご存じの方も多いでしょう。寺島氏には知研の顧問にも就任いただいていて毎年、知研向けに講演をしてもらっています。 

米国は中国、日本を本当はどう見ているかなど新聞などでは報じられない見方が掲載されていて勉強になりますね。講演の最初に司会の久恒さんが昔の寺島氏のちょっとしたエピソードを紹介しています。 

寺島氏が高校生の時に政治家だった鹿島守之助氏に書いた手紙で、EU統合の父であるクーデンホーフの訳を鹿島氏がしています。本に感銘したが他の本を読むお金がないので、早い話が本の無心。感激した鹿島誌から返事が返ってきて、いろいろな本が送られてきたそうです。 

EU統合の父であるクーデンホーフですが明治時代にお父さんが駐日大使として日本に赴任しており、この時に芸者だった青山光子を見染めて奥さんにします。ゲランの香水に「ミツコ」がありますが、この名前の由来となりました。EU統合の父のお母さんは日本人だったんですね。 

鹿島守之助氏の孫が鹿島建設の副社長で中曽根康弘氏の娘婿の渥美氏。高校生の時、おじいさんにこんな手紙を出したと言ったところ。おじいさんの秘書が存命でこの手紙が出てきて現在は寺島文庫に入っているそうです。 

去年の12月に知研関西25周年記念セミナーで梅棹忠夫先生の秘書を長く勤められた三原さんにセミナーをしていただいた講演録もおさめられています。 

余分が5冊ほどありますので、次回の知研関西セミナーへもっていきますので先着順でどうぞ! 

次回は「おもしろい商品は売れ続ける~ロングセラーは笑いを取れ~」 
日 時:2013年5月24日(金)18:55~20:40 
場 所:大阪産業創造館 6階会議室B 
講 師:30円にこだわるコドモ菓子(駄菓子)専門メーカー 
    オリオン株式会社 取締役企画部長 高岡 五郎氏 
▼詳しくは 
http://tiken-kansai.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です