芝浜の舞台

芝浜
田町にある「西郷南洲・勝海舟会見の地という碑」のすぐそばにあったのが御穂鹿嶋神社という小さな神社。御穂神社と鹿嶋神社を合祀して御穂鹿嶋神社となったそうです。境内入口に橘右近という名前が入った碑がありました。碑をよく見ると「芝浜囃子の碑」とあります。
芝浜って、まさか古典落語の芝浜?
■芝浜とは
古典落語の芝浜は人情話で有名です。浜で大金を拾った亭主が儲かったといって帰ってきました。女房は大金で身を持ち崩したらダメだと、いい気になって酒を飲んで寝込んでいる間に大金は夢の話にしてしまいます。亭主は心をいれかえて熱心に働き、店をもつまでになります。そして女房が薄情するのですが、これが泣かせます。先代円楽の芝浜もよかったですね。
当時は、田町駅のあたりまで海だったんですねえ。そうか芝浜はここだったんだあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です