合同会社を作ろう(6) 自分の給与を決める

東大阪年金事務所
■東大阪年金事務所
法人では経営者も給与をもらう立場となり、自分で自分に給与を払うことになります。ただ最初に月給を決めて期の途中で変更はできませんので、けっこう思案しないといけません。売上があがらない間は自分の給与で資本金を食いつぶすことになります。(笑)ですので資本金はある程度、積んでおかないとすぐに債務超過になってしまいます。
自分の月給を決めたら東大阪年金事務所へ。受付で会社設立の手続きですと言うと2階に案内されました。ここで出すのは下記です。
・新規適用届
・給与支払い事務所等の開設・移転・廃止届出書
・被保険者資格取得届(月給はこっちに書く)
一緒に定款のコピー、履歴事項全部証明書のコピーを提出します。
■大阪府中河内税務署
府の税務署にも設立の届出がいります。東大阪の場合は小阪にある大阪商業大学のすぐ北側に大阪府中河内税務署があり、ここに提出します。15年前、開業届を出しに行って以来です。ここで出すのは法人設立等申告書で、定款のコピーと履歴事項全部証明書のコピーを提出します。提出すると申告書のコピーをとって受付印を押して返してくれました。
■東大阪市役所
次に荒本の東大阪市役所へ、法人設立は3階の税務部へ。法人等設立(開設)申告書を定款のコピーと履歴事項全部証明書のコピーと一緒に提出します。ここでもコピーをとって受付印を押して返してくれました。というわけでこれで手続きは全て終了!
と思っていたら国民健康保険の窓口が2階にあったので聞くと、「国民健康保険脱退手続き」を出さないといけないということで協会けんぽから書類が届いちから郵送すればよいそうです。
■法人口座を作る
都市銀行などで口座を作ると月額手数料が2,160円いりますので、月額手数料がかからないネットバンクに法人口座を作ることにしました。口座開設依頼書以外に履歴事項全部証明書(原本)、法人の印鑑証明書、定款のコピー、個人の身分証明書(免許書)などがいります。審査が通れば法人口座開設になりますが、提出してから2週間ほどかかります。
【合同会社設立でかかった費用】
印鑑 15,900円
印鑑登録証明書 300円
電子認証 5,000円
登録免許税 60,000円
証明書発行手数料 2,850円(600円×4通+450円×1通)
合計 84,050円
【合同会社設立にかかる時間】
印鑑作成(届くまで3日ほど)→書類作成→法務局へ提出→4営業日後ぐらいに登記終了→税務署などへの届出→口座開設依頼→2週間ほどかかる
ですので印鑑作成からいくと3+4+14で3週間ほどになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です