令和時代にも現役の軽便鉄道

三岐鉄道北勢線
三岐鉄道北勢線

令和の時代になっても現役で走っている軽便鉄道に乗ってはるか北へ。終点の阿下喜駅からは迎えに来てもらった車でさらに北を目指します。住所は一応、三重県なんですがどう考えても関ケ原からの方が近いですね。関ケ原の戦いで敵中突破した島津軍が逃げた道になります。大阪から行きましたが東京へ行くよりも時間がかかります。遠かった。

要件は工業団地にある企業さんでの研修なんです。が、この辺りは近江や美濃への街道が通っていて山城だらけ。研修が冬なら絶対に山城に登ったんですが残念です。

久しぶりに三岐鉄道・北勢線に乗りましたが、田園地帯を軽便鉄道が走る姿はいいですねえ。最近、鉄道むすめ「楚原れんげ」というキャラクターの売り出しを始めたそうで列車にペイントされていました。楚原駅と蓮花寺駅から名づけたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です