長良川の戦い

「麒麟がくる」の次回放送は”長良川の戦い”で斎藤道三と息子である斎藤義龍との親子対決です。大河ドラマでは斎藤義龍が土岐頼芸(守護)の実の息子と思っているという設定になっていますが単なる俗説です。「国盗り物語」も同じ俗説を採用していました。

長良川
長良川

実際は一旦、道三から斎藤義龍への家督相続しましたが、道三は弟への家督相続を考えている節があり、危機感をいだいた斎藤義龍が先手をうっただけです。戦国時代、同じような事例はたくさんあり、武田信玄が父親である武田信虎を追放し、信玄は息子である義信も殺しています。大友宗麟も父親である義鑑を討っています。

他にも伊達政宗も父親の輝宗を射殺しています。大河ドラマ「独眼竜政宗」ではやむをえないという設定になっていましたが、実際はどうだっか。戦国時代は実に殺伐たる時代でした。ですので真田一族や豊臣秀吉・秀長コンビは稀有な存在でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です