電子国家のインターネットな人びと

「7日間 ブックカバーチャレンジ」の最終日は『電子国家のインターネットな人びと』(ビジネス社)です。

電子国家のインターネットな人びと
電子国家のインターネットな人びと

■1995年4月1日に建国された関西電子共和国
かつて日本には「関西電子共和国(VRK)」という別の国がありました。もともと東京一極集中の見直しから関西に別政府を作り自分が好きな方の政府へ税金を払う仕組みです。

例えば汚職などが起きれば、税金の支払先が変わり別政府が大きくなります。つまり政府が緊張感をもって政治することになる二大政府制です。現実世界では難しいので、インターネットを使って実験することになり、他にも色々なシミュレーションもやろうと市民が自主的に参加する関西電子共和国が建国されました。

■初代大統領は中島らもさん
個人でインターネット接続できるようになったのは1993年11月からです。建国当時はまだまだインターネット接続している個人は少なく、その中でかなりの人が共和国国民となりました。当時、「今晩、飲みにいかない?」「ごめん、今日は共和国の会議があるんだ」というスターウォーズ“ジェダイの騎士”のような会話が行われていました。

「平成京」という都が作られ、最初の電子選挙は共和国の大統領選挙でした。初代大統領に選出されたのが中島らも氏で決まってから大統領就任を依頼しに行き、シャレで引き受けてもらったそうです。中島らも氏と一緒に笑殺軍団リリパットアーミーを立ち上げた“わかぎゑふ”さんに後年、この頃のいきさつをお聞きしたら、“何がなんだかわからないけど、まあいいか”と面白がって大統領を引き受けていたとおしゃってましたので、本当だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です