ものづくり補助金

同じく経済産業省の行政事業レビュで「ものづくり補助金」が主眼になっています。

→ 令和3年度行政事業レビュ公開プロセス

1時間30分頃からはじまります

■ものづくり補助金

・採択率は製造業が45.6%、全業種平均は30~40%程度

・審査は県単位で県によって採択率にばらつきがある

・奈良県の採択率が高く-庁内でも話題になっている

【要因】

・経営革新など加点をとっている県が多い

・審査のばらつきが多い少ないがあり、多いと採択率が高くなる

・県ごとに採択率を同じにしていたが事業計画自体で評価すべきとの批判から今の方針になった

・県で審査した後、平均点差分で補正をしている

・レセプト審査が県単位だが、時に県データを丸々取り換えて審査にかたよりがないかみており、導入してみては

【リピータの扱い】

一度、採択された事業者の応募はマイナス点がつくが、2回目に出してくる書類が一番こなれていて減点しても上位で採択されやすく事務局でも悩んでいる。補助金は1企業1回だけばよいのではという意見が出ていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です