江戸時代の現金給付

禁断の江戸史
禁断の江戸史

新型コロナウイルス対策で困窮家庭には1世帯当たり30万円の現金給付を行うと発表されていますが江戸時代にもあったんですね。

ツンドクをせっせと処理をしていて「禁断の江戸史 教科書に載らない江戸の事件簿」(扶桑社新書)に出ていました。

■江戸時代もインフルエンザがあった
江戸時代もインフルエンザが何回か流行し、死者が出るなど社会問題となりました。稲葉風、お駒風、お七風と命名されました。お七風は歌舞伎で八百屋お七が流行った年に命名されました。坂本冬美の「夜桜お七」でも有名ですなあ。

■江戸時代の現金給付
このお七風の時に幕府から現金給付がありました。棒手振(天秤棒で商売する零細商人)、日雇稼業、職人など独身者は一人銭300文、二人暮らし以上は一人250文ずつの支給です。

文などは現在と物価が違うので何ともなんですが磯田道史氏の「江戸の家計簿」によれば、みかん15文、わらじ20文で感覚的に300文は3~5千円ぐらいです。現在の30万円の方がいいなあ。

学べばわかる北前船

Gacco
Gacco

大学・企業が提供する講座を無料で学べるGacco。最近、受講したのが「学べばわかる北前船 一攫千金の夢とロマン、人・モノ・文化の交流史」です。一攫千金というタイトルに惹かれました。(笑)

北前船とは本州各地と蝦夷地(北海道)を往来していた廻船のことで、西廻り航路ができ弁才船と呼ばれる船が行き来していました。各港で商売しながら富を蓄えていきます。「本間様には及びもないが せめてなりたや殿様に」と歌われた酒田の本間家も、幕末にロシアと渡り合った高田屋嘉兵衛も買積と呼ばれる船主自身が商品を取引して財を蓄えていきます。

北陸の船乗りも多いのですが船は大坂にあるので、北陸から陸路で大坂へ出てから出航するなど、面白い話題がけっこう出てきます。講師と女子大生の掛け合いになっていて毎回、最後に北前船クイズと各寄港地を写真で紹介するギャラリーがあるんですが、けっこう面白いです。