網野史学(もののけ姫)

■もののけ姫
網野史学で有名な網野善彦氏の対談(昔の)が新刊文庫で出ており、冒頭に映画「もののけ姫」の話が出てきます。

山

網野先生が神奈川大学で教えていると、普段は見かけない茶髪の兄ちゃんが真面目に講義を聞いています。どうしたのかと思ったら映画「もののけ姫」のパンフレットに網野先生の談話が載った影響でした。いろいろな若者に聞くと映画を一回見ただけでは理解できず2度3度、見た人が多く、記録的なヒットに結び付いた原因の一つになったようです。

映画の冒頭には蝦夷の里で暮らすアシタカが出できますが、まず蝦夷がよく分からないようです。タタラ(都市)の他はマタギなどの山の民ばかりで山のアジールの世界が描かれ、まさに網野史学を具現化した映画でした。また体に布を巻いた人たちが出てきて石火矢を作っていましたがハンセン病に罹った被差別民ということも理解できないようです。

■水呑み百姓
網野史学とは歴史の中で語られてこなかった人々に焦点をあてたもので、「江口の君」のような遊女など女性についてもいろいろと研究しています。戦国時代、ルイス・フロイスがヨーロッパと違い夫婦の財布は別になっていて時には夫に高利で貸しているのに驚いていますが、昔の女性の地位は今とは全然、違っていました。

明治以降の歴史教育で「百姓=農民」にしてしまったために、米を中心に見る世界になってしまいます。水呑み百姓とは本来は米作り以外の収入が主な人を指しますが、貧民のイメージがついてしまいました。輪島の時国家のように船で交易していた豪農も分類は水呑み百姓という、とんでもないことになり歴史教育に影響を与えてしまいましたね。

フェークニュース

フェークニュースに引っ掛かってしまいました。

津田城
津田城

■津田城
と言っても江戸時代の話で伊能忠敬が日本全国で測量していた頃の話のフェークニュースです。大和と摂津の境に国見山があり、ここにあったのが津田城。昔、登った山城ですが変わったお城で大坂側には防御施設はなく大和側にしか土橋や土塁がありません。しかも郭が山頂にありません。本当に城跡かいなと思っていましたが立札もしっかりたっていました。

■偽文書-椿井文書
最近、出た「椿井文書ー日本最大級の偽文書」(中公新書)に、とんでもない話が載っていました。椿井正隆という人物がいて地域の富農などに頼まれて、もともとは武士だったという系図を作成していました。整合性をあわせるためにいろいろな古文書も捏造。しかも別の地域でも行っており離れた地域でも相互に関連していてダブルチェックしても大丈夫なようになっています。

これが近畿一円に流布していて地域の町おこしなどでも使われ市のホームページや神社の由緒書きに使われるまでになってしまいました。というわけで津田城もフェークニュース。本来は山岳寺院の跡で、ただ三好三人衆と松永久秀との戦いでは陣城として使われ、この時に土塁が作られたんでしょう。

大河ドラマ 桶狭間の戦い

大河ドラマ「麒麟がくる」、明智光秀の前半生が分かっていないので何でもありですなあ。なんで桶狭間の戦いから帰ってきた信長と会っているんだあ(笑)。そもそも明智光秀は美濃生まれではなく近江生まれという説もあります。

沓掛城
沓掛城

桶狭間の戦いも詳細は分かっておらず、こっちも何でもありで昨夜は毛利新介が大跳躍して今川義元を倒しておりました。ほんまかいなあ(笑)。

ただ情報戦を制した簗田政綱をよく登場させていた点は従来のドラマとは違っていました。また昔のドラマでは上洛を目指していた今川義元として描いていましたが、今回は沓掛城を出発し桶狭間を経由して大高城を目指し、最終的に清州攻めを企てていた点もしっかり描かれていました。時代考証が小和田哲男先生ですので、そう変な演出はNHNもできないでしょうね。

しばらくお休みになるのが残念。

菅原道真

疫病シリーズ No6は菅原道真です。

雷神
雷神

右大臣まで急速に出世したこともあり、周りの貴族に疎まれていたようで大宰府に左遷、延喜3年(903年)に亡くなります。さて、ここからが大変です。「北野天神縁起絵巻」によれば、道真が死んでまもない夏の夜、比叡山の僧侶のもとに道真が現れて「怨みを晴らす」と告げたと言います。さあ、怨霊の宣戦布告です。

延喜8年(908)、藤原菅根が雷に打たれて落命。翌年には藤原時平が病死。延喜13年(913)源光が鷹狩りの最中に泥沼に転落して溺死。延喜23年(923)藤原時平の妹と醍醐天皇の間に生まれた皇太子・保明親王が、満19歳で死去。と立て続けに道長の左遷に関わった関係者の死が続き、人々は「道真公の祟りだ」と噂します。

■清涼殿落雷事件がとどめに
疫病が流行り、923年疫病を鎮めるために「延長」と改元します。延長2年4月左遷の詔をした醍醐天皇は道真を右大臣に戻す詔を出しますが効果なし。翌年には藤原時平外孫で、皇太孫が数え年5歳で薨去し、当然、出てくる言葉は「道長公の祟り」!

そしてあの有名な事件が起きます!
延長8年(930)清涼殿で雨乞いについて会議をしていると、あっという間に都の上空に黒雲が垂れ込め雷雨が降り注ぎます。そして清涼殿に雷が直撃。藤原清貫が衣服に燃え移った火で即死、他にも公卿4人が死亡、警備の近衛兵も2名死亡します。この清涼殿落雷事件で体調を崩した醍醐天皇は朱雀天皇に譲位しますが7日後に亡くなります。

■武士の時代へ
震えあがったのが朝廷で、北野天満宮を作り菅原道真を祀ることになります。しかし疫病がまた流行。東では平将門の乱、西では藤原純友の乱がおき、新たな怨霊である平将門が誕生し、平将門を鎮めるために神田明神ができます。

武田信虎の追放

疫病シリーズ No5は武田信虎の追放です。

武田信虎って誰?という人もいると思いますが武田信玄のお父さんです。今川義元に娘を嫁がせて甲駿同盟を結び甲斐を統一した戦国武将です。今川義元に会うために駿河へ行き帰ってきたら甲斐の国境が封鎖されていました。

武田信玄と国衆によるクーデタです。同じ年に武田と争っていた北条氏でも北条氏康から氏政に家督が譲られます。背景には飢饉と疫病があり、民衆の間では疫病や飢饉がひどくなると世直しということで徳政(借金棒引き)&為政者の交代を求めました。甲斐も同じで民衆や国衆からの圧力があり信玄はクーデターを起こさざるをえなかったようです。

疱瘡地蔵
疱瘡地蔵

■徳政とは
柳生街道沿いに疱瘡除けを祈願した疱瘡地蔵があり正長の土一揆によって徳政令(柳生4庄の借金消滅)を勝ち取ったという碑文が書きこまれています。当時、なにかあると徳政令を求める動きになり、貸す方にしたらたまったものではありません。結局は信用できない社会となり疲弊していきます。大和国宇智郡の百姓連判状が残っていますが、これは蔵本(貸す方)に10年は徳政をしないので、お金を貸してという内容でした。

当時の金融は高利貸しでしたが、稲はたくさんの実をつけるので実質はそれほどでもありませんでした。ところが小氷期に入り冷夏などで作物ができなくなると借金が返せなくなります。天候不順も徳政令の背景にありました。

経済封鎖で勝った長篠の戦い

ツンドクをせっせと整理中。「戦国時代を読み解く新視点」(PHP新書)では最新の歴史研究の内容が掲載されています。

戦国時代を読み解く新視点
戦国時代を読み解く新視点

織田信長・徳川家康連合軍が武田勝頼を破った長篠の戦い。それ以前の高天神城の戦いで家康から援軍を求められた信長は結局、間に合わず落城してしまいます。今度も遅れると家康が離反してしまうので遅れるわけにはいきません。

信長はまた絶対に負けないように武田軍の倍の兵力をかき集めて戦に臨みました。兵力差を見せて武田勝頼はおそらく撤退するものと考えていたようです。

■経済封鎖で勝てた長篠の戦い
長篠の戦いでは鉄砲の活用が有名ですが鉄砲の装備率を見ると武田勝頼と信長との差はほとんどありませんでした。問題は弾で信長、家康軍はタイから輸入した鉛を使っていました。

ところが信長が堺をおさえ鉛や硝石が東国に流通しないよう経済封鎖をしていましたので、武田は弾や火薬に悩んでいました。神社に賽銭の中の悪銭を上納させて弾にしようともしていました。武田領に金山はありましたが鉛山はなく、武田軍は最初に鉄砲を討った後に弾が少なくなるため突撃したようです。

危ない日本史

ツンドクをせっせと処理中。なんと行方不明になっていたKindleを発見しました(笑)!

危ない日本史
危ない日本史

処理した一冊が「危ない日本史」(講談社α新書)です。NHKで「偉人たちの健康診断」という番組をやっていて、戦国大名など偉人達の健康状態や死因などをさぐる面白い番組です。

■上杉謙信の死因
上杉謙信は49歳の時、出陣前に倒れて、そのまま死んでしまいます。後継者を決めていなかったため上杉家の家督をめぐって御館の乱が起きてしまいます。上杉謙信の死因は脳卒中とも糖尿病ともいわれています。馬に乗ったまま酒を飲めるよう馬上杯(3合入る)という遺品が残るぐらい大酒飲みでした。

自らを毘沙門天の化身と信じていましたので、小田原城攻めでは城門前で酒を飲んだ逸話が残っています。大河ドラマ「風林火山」では城兵が鉄砲や弓矢を打つなか、Gacktが独りで座り、酒を煽るシーンがでてきました。

■小早川秀秋はアルコール性肝硬変
お酒といえば関ケ原の戦いで裏切ったといわれる小早川秀秋も子供の時から酒を飲んでいてアルコール性肝硬変だったようです。よく裏切者と言われていますが、当初は豊臣家の御曹司扱いだったのが秀頼が生まれたことで小早川家に養子に出され、しかも慶長の役の後、秀吉によって筑前35万石から越前12万石に国替えされてしまいます。

秀吉が亡くなってから筑前に戻してくれたのが徳川家康でした。秀秋にとって豊臣より家康の方が恩人で、東軍につくのは自明で裏切りと言う話ではなかったようです。

律令時代の働き方改革

2019年4月から働き方改革がスタートしていますが、律令時代もありました。

備中国 国府
備中国 国府

河内の枚岡神社、大和の大神神社など各地に一宮があります。律令時代、国司が任命されると任国内の諸社に参拝する決まりがありました。通説によると国司が一番目に参拝する神社が、その後に一宮となりました。

一宮のあと二宮、三宮と任国内の諸社を回るのは大変で、どっかの国司が始めたのが総社という仕組みです。総社というのは任国内に鎮座している神社の祭神を勧請して、一神社に合祀してしまうことです。つまり一神社に参拝すれば、合祀されている全ての神社を参拝したのと同じで、いわゆるテレワークみたいなものです。諸社を回る時間が丸々いらなくなるので働き方改革になります。って、単に周るのが面倒くさかったからでしょう。

例えば写真の吉備国・国府の近くに総社宮があり、324社の神々をひとつにしています。

江戸時代の現金給付

禁断の江戸史
禁断の江戸史

新型コロナウイルス対策で困窮家庭には1世帯当たり30万円の現金給付を行うと発表されていますが江戸時代にもあったんですね。

ツンドクをせっせと処理をしていて「禁断の江戸史 教科書に載らない江戸の事件簿」(扶桑社新書)に出ていました。

■江戸時代もインフルエンザがあった
江戸時代もインフルエンザが何回か流行し、死者が出るなど社会問題となりました。稲葉風、お駒風、お七風と命名されました。お七風は歌舞伎で八百屋お七が流行った年に命名されました。坂本冬美の「夜桜お七」でも有名ですなあ。

■江戸時代の現金給付
このお七風の時に幕府から現金給付がありました。棒手振(天秤棒で商売する零細商人)、日雇稼業、職人など独身者は一人銭300文、二人暮らし以上は一人250文ずつの支給です。

文などは現在と物価が違うので何ともなんですが磯田道史氏の「江戸の家計簿」によれば、みかん15文、わらじ20文で感覚的に300文は3~5千円ぐらいです。現在の30万円の方がいいなあ。

学べばわかる北前船

Gacco
Gacco

大学・企業が提供する講座を無料で学べるGacco。最近、受講したのが「学べばわかる北前船 一攫千金の夢とロマン、人・モノ・文化の交流史」です。一攫千金というタイトルに惹かれました。(笑)

北前船とは本州各地と蝦夷地(北海道)を往来していた廻船のことで、西廻り航路ができ弁才船と呼ばれる船が行き来していました。各港で商売しながら富を蓄えていきます。「本間様には及びもないが せめてなりたや殿様に」と歌われた酒田の本間家も、幕末にロシアと渡り合った高田屋嘉兵衛も買積と呼ばれる船主自身が商品を取引して財を蓄えていきます。

北陸の船乗りも多いのですが船は大坂にあるので、北陸から陸路で大坂へ出てから出航するなど、面白い話題がけっこう出てきます。講師と女子大生の掛け合いになっていて毎回、最後に北前船クイズと各寄港地を写真で紹介するギャラリーがあるんですが、けっこう面白いです。