文明の生態史観

コロナ禍で全然、知的生産の技術研究会・関西を開催できないこともあり古い写真を整理すると2002年の写真が出てきました。神戸・板宿 禅昌寺で日本ローマ字会と共催で行ったセミナーです。

梅棹忠夫
梅棹忠夫

梅棹忠夫先生に「文明の生態史観」というタイトルでお話いただきましたが、進行はQ&A形式で最初のいくつかの質問は私と日本ローマ字会会長が行います。ということは、準備が大変で中公文庫の「文明の生態史観」を熟読しないといけないということです(笑)。おかげでイギリスの空母が日本などへ向けて出航したというニュースも、「文明の生態史観」を元にいろいろな視点から見ることができます。やはり名著ですね。それにしても我ながら若いな~あ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です